失敗しない面接を行なう方法を考える

転職面接でのタブーの一つ

転職面接でのタブーの一つとして挙げられるのは、現職や前職についての不平不満を言うことです。転職関連の書籍には、必ず絶対に話してはいけないと書かれています。しかし、何らかの不満があるから転職をしようとしているはずです。何の不満もないのなら、わざわざ労力が必要な転職をすることはないでしょう。それは、採用する側も分かっています。ですから、現職や前職への不平不満を必死で隠す必要はありません。隠し通そうと必死になると、不自然な答えを言ってしまうことになるでしょう。信用できない人と言う印象を与えかねません。

とは言え、不平不満をそのまま伝えてしまえば、面接に受かることはなくなります。ポジティブ思考な自己PRへ変換することが重要です。さらに、現職や前職の悪口と受け取られないように、論理的に伝えると言うことを心がけましょう。また、第一印象で悪い印象を与えないことも大事です。同じことを言っても、やむを得ない理由と思ってもらえる人と、悪口と思われる人の違いは、初対面の印象の差にあります。身だしなみをきちんとすることは誰でも分かるでしょう。しかし、良い姿勢で立って明るく大きな声で話す、これも忘れてはいけません。