失敗しない面接を行なう方法を考える

転職の面接で最初に聞かれること

面接でどんな質問が飛び出してくるかとても不安、そう感じるのは多くの人の共通する気持ちでしょう。しかし聞かれる質問を想像することはできます。転職での面接でよく聞かれる定番とも言えるような質問もあるので、志望企業が決まったら早めに答えを用意しておくといいでしょう。何も準備しないまま面接に臨んでも、うまく答えられないだけでなく余計なことも言ってしまい悪い印象を与えてしまう恐れもあります。しっかりとした準備があってこそ面接もうまく乗り切ることができます。

よく出てくるものとして自己アピールがあります。面接の最初の段階で聞かれることが多いです。自分自身のことをどう見ているのかを知ることが目的ですが、いいことを言いたくてつい話が長くなったり、話の内容があちこち飛んでとりとめがなくなってしまうと言いたいことが伝わらないだけでなく、自意識過剰すぎると思われてしまう恐れもあります。自分の人間性やこれまでの実績など、言いたいことはまとめて長くなり過ぎないようにすることが大切です。その時具体的なエピソードを添えることができると伝わりやすくなります。自己アピールは面接の冒頭部分での最初のアピールです。第一印象にも関わりとても重要ですので、何度も練習してスラスラ言えるようにしておいたほうがいいでしょう。