失敗しない面接を行なう方法を考える

面接を誤解している人が多い

大学を卒業して就職するにしろ、転職するにしろ必ず受けなくてはいけないのが面接です。苦手と言う人がかなり多いですが、誤解している人がたくさんいます。とくに、上手に話さないといけないと考えている人が多いです。しかし、スラスラとよどみなく話した方がいいと言うわけではありません。また、非の打ち所のない回答をすれば評価が高くなるとも限らないです。機械が判定するのであれば、上手さや模範解答がポイントになってくるでしょう。しかし、採用担当者は人間です。上手すぎる回答は、練習してきたセリフと受け取られることもあります。

模範的な回答をしても、面白味がないと受け取る採用担当者も多いです。腹を割っていないと受け取られて、評価されないことも少なくありません。さらに、一生懸命話しすぎたことが原因で、受からなかった人もいます。面接は自分だけが話しをする場ではありません。採用担当者と会話をする場です。話すことと聞くこと、この両方で成り立っていると言うことを決して忘れてはいけません。ですから、話しの上手い下手はあまり気にする必要はないです。それよりも、第一印象で好感を持ってもらうように努力することの方が大事でしょう。