失敗しない面接を行なう方法を考える

大多数が面接は苦手と言う

大多数が「面接は苦手、できることならば受けたくない」と口にします。しかし、就職支援のプロの方は口を揃えて、「徹底的に事前準備をすれば失敗することはない」と言います。もちろん、採用人数は決まっているので、絶対受かるとは言えません。しかし、事前準備をしっかりした人は、それが自信になるので、苦手意識がなくなります。悪い緊張はしないでしょう。そう言う姿勢で臨めば、採用担当者の目にも良く映ります。当然、受かる確率も高くなるわけです。一方、事前準備がしっかりできていないと、どうしても不安になるでしょう。

過度に緊張もします。言うまでもありませんが、それではパフォーマンスが十分発揮できません。ですから、事前準備が大切と言うことは誰でも分かるでしょう。しかし、事前準備と言っても、何から始めればいいか分からないと言う人もいます。履歴書や職務経歴書をいきなり書き始める人もいますが、その前に自己分析をしなくてはいけません。いきなり、履歴書や職務経歴書に向かっても、スムーズに書けないでしょう。自己分析をしないことには難しいです。まずは、自己分析に十分な時間をかけるようにしましょう。そうすると、色々なことがスムーズにいきます。