失敗しない面接を行なう方法を考える

面接で聞かれる質問への答え方

面接では様々な質問が面接官から飛び出してきます。面接の所要時間は非常に短時間ですから、受けた質問には即座に返答できることが理想的です。言葉に詰まったりもじもじしてなかなか答えないようだと、面接官には準備が足りない、本気度が足りないと思われてしまうかもしれません。

ただ最初からどんな質問が出てくるかを知ることはできませんが、予想することはできます。よく聞かれる質問はおおむね決まっていますので、前もって答えを用意しておき、スラスラ答えられるように一度シミュレーションをしておくといいでしょう。ただその答えはマニュアル本やネット上に拡散しているものをそのまま覚えて答えるというのは避けたほうがいいでしょう。そういう答えは多くの人が真似してくるので、何度も面接を担当している面接官には丸暗記してきたことがすぐ分かってしまいます。

どんな質問であれ、自分の考えていることを自分の言葉で伝えることができなければ面接官の心に訴えることはできません。マニュアル通りの答えをしていると、きっとこの人はマニュアルがないと何もできない人だと思われてしまうでしょう。つまり自分の考えを持っていない指示待ち人間でしかないと思われてしまうでしょう。